2019年12月04日 更新

日本すきま漫遊記ロゴ

ただいま2825スポットを紹介しています

更新情報

12月04日

上塩冶築山古墳を登録。

12月03日

上塩冶地蔵山古墳を登録。

12月02日

高貞社跡の時計台を登録。

当サイトの更新情報は、twitter の https://twitter.com/_fukakusa にてお知らせしています。

(12月04日)

   
アイコン

大山・出雲の旅(2日目) 2005年9月

気になっていた島根半島の西半分を少しだけ探索。鰐淵寺、出雲大社など定番の観光地も巡った。

アイコン

大山・出雲の旅(1日目) 2005年9月

GWに引き続き、夏休みにも島根を訪れた。初日は前回の島根訪問で行けなかった伯耆大山の登山と清水寺の三重塔を参詣した。

アイコン

松江から鳥取へ(5日目) 2005年5月

旅の最終日。鳥取から松江へ戻りながら、伯耆大山の大山寺を訪れる。

アイコン

松江から鳥取へ(4日目) 2005年5月

鳥取市を中心に回廊寺院巡り。夕方ごろから県の南東部のほうへ行ってみたが、ちょっと時間切れの感はいなめなかった。

アイコン

松江から鳥取へ(3日目) 2005年5月

はじめての鳥取県観光。関金温泉を起点に、倉吉市、三仏寺をみて鳥取市に宿泊。この日の見どころはやっぱり国宝の三仏寺投入堂だろう。

アイコン

松江から鳥取へ(2日目) 2005年5月

雨ばかりの一日であまり活動できなかった。出雲の著名な祈祷寺の一畑薬師、パワースポット八重垣神社などを訪れ、夕方には安来清水寺へ。

アイコン

松江から鳥取へ(1日目) 2005年5月

松江市内をのんびり観光し、夕方ごろ大根島へ行ってみた。

アイコン

ミャンマーカレン州北部へ 2016年12月

6度目のカレン州滞在。気になっていたいくつかの山に登ってみた。これまでネットではあまり知られていない、カレン州北部の様子も紹介したい。

アイコン

ミャンマーモン州タトンへの遠征 2015年11月

カレン州5度目の滞在。パアン市内には見るものが少なくなり、隣のモン州へ遠征することにした。古都タトンはいまは面影がないが、かつて王朝が栄えた土地だ。

アイコン

ミャンマー水掛け祭りの頃 2015年4月

暑季、ビルマ暦の新年を告げる水掛け祭りが全国で行われる。4度目の訪問でカレン州にはもうあまり見る場所がないかと思っていたのだが・・・

アイコン

ミャンマーカレン州の気球祭り 2014年11月

カレン州3度目の滞在。11月上旬は乾季を待ちわびたように、満月祭、カレン州祭りなど祭りの日々がつづく。

アイコン

ミャンマーカレン州の雨季 2014年6月〜8月

カレン州2度目の滞在。雨季のわずかな晴れ間に寺巡り。パアン、タトン、モーラミャイン、バゴーなどの寺々を訪れた。

アイコン

ミャンマーカレン州の洞窟寺院 2014年1月〜2月

ミャンマーの南東部カレン州の州都パアン市で1ヶ月すごした。周辺は石灰岩の山がそびえ、鍾乳洞を利用した洞窟寺院が無数にあった。

アイコン

県都前橋生糸の市 2010年4月〜2015年3月

かつて生糸の産地として名をはせた前橋市。2010年を過ぎてから、その面影を探してみた。それはまるで渇いた雑巾を絞るような旅だった。

アイコン

吉井・高崎・藤岡方面の稚蚕飼育所 2008年12月〜2013年11月

群馬の稚蚕共同飼育所めぐり計画第1期の最終章。吉井では、蚕に障害が出やすい葉たばこの生産と養蚕を同時に行なった地域もあった。

アイコン

下仁田・富岡・甘楽の稚蚕飼育所 2008年6月〜2013年11月

鏑川の上流部〜中流部(下仁田、富岡、甘楽町)で稚蚕飼育所を探した。他の地域に比べると、そのままの姿で放置された施設が少なかったように思えた。

アイコン

碓氷方面の稚蚕飼育所 2008年5月〜2013年9月

碓氷方面(安中、秋間、松井田、妙義)の稚蚕飼育所巡り。碓氷地方は土室電床育の遺構の宝庫だった。

アイコン

榛名山北東麓の稚蚕飼育所 2008年5月〜2012年6月

前回の飼育所巡りからはや1年が過ぎていた。前回の旅に続き、榛名山麓の吉岡町、榛東村、渋川市、東村、吾妻町を訪れる。

アイコン

榛名山南麓の稚蚕飼育所 2007年5月〜2010年5月

GWを群馬で過ごした。前橋市西部と高崎市北部の稚蚕飼育所巡り。

アイコン

赤城町の水車跡群 2007年5月

稚蚕飼育所巡りの合間に、赤城町で水車小屋巡りをした。ついこのあいだまでたくさんあった水車は、すべてなくなっていた。

アイコン

赤城山南麓の稚蚕飼育所 2007年2月〜2013年3月

群馬県赤城山麓の稚蚕共同飼育所を巡った。

アイコン

藤岡から小川町へ 2005年9月

関東山地の北部を縦断。藤岡市から秩父市を経由して小川町までの小旅行。お目当ては秩父市吉田町石間の急傾斜の集落。

アイコン

新田荘・湧水の里 2004年8月

新田町の湧水巡りに出かけたが、そこに待っていたのは豊かな水のイメージとはかけ離れた残念な光景だった。

アイコン

四国の時計台 2004年3月〜12月

徳島県を中心として、四国で見かけた時計台を紹介する。

アイコン

山口長門の旅(4日目) 2004年5月

旅の4日目。下関市を起点に、山陽町、小野田市、宇部市と海岸沿いを進み、秋穂町で夕方を迎えた。

アイコン

山口長門の旅(3日目) 2004年5月

旅の3日目。長門市から下関市までの行程、きょうも寺巡りだ。雨でテンションも下がり気味。

アイコン

山口長門の旅(2日目) 2004年5月

島根県の津和野町から、海岸線に沿って萩市、長門市を訪れた。一般には町並み観光のコースとなるのだろうがお寺ばかり見ていた。

アイコン

山口長門の旅(1日目) 2004年5月

体調が悪く出立が遅れたため山口県に着いたのは昼過ぎだった。美川町の観光鉱山ムーバレーを観て、島根県の津和野を目指した。

アイコン

山口周防の旅(4日目) 2003年9月

山口県周防地方の4日目。山口市、防府市の著名な寺社を巡り、帰路につく。夕日が落ちるころ、県東の小さな半島にたどりついた。

アイコン

山口周防の旅(3日目) 2003年9月

山口県周防地方の3日目。日本最大のカルスト台地、秋吉台を観光。ひとつひとつの場所で時間がかかり、訪問先は少ない一日となった。

アイコン

山口周防の旅(2日目) 2003年9月

山口県周防地方のお寺と石風呂を訪ねる旅の2日目。周南地方の徳山市、鹿野町、徳地町の寺と石風呂を巡る。

アイコン

山口周防の旅(1日目) 2003年9月

山口県周防地方のお寺と石風呂を訪ねる旅の1日目。岩国市の錦帯橋や柳井市の町並み、周防大島と地域の寺々をまわった。