2020年04月05日 更新

日本すきま漫遊記ロゴ

ただいま2956スポットを紹介しています

更新情報

04月05日

ペァガスゥタン寺院を登録。

04月04日

シュエポゥンプィン僧院を登録。

04月03日

タトン山腹の火葬場を登録。

当サイトの更新情報は、twitter の https://twitter.com/_fukakusa にてお知らせしています。

(04月05日)

   
アイコン

ミャンマー・パアンの新名所 2019年2月〜3月

カレン州の首都パアンに縁ができて5年がたった。その間、市内には新名所が誕生している。そのいくつかを訪れる。

アイコン

ミャンマー・カレン州北部へ 2016年12月

6度目のカレン州滞在。気になっていたいくつかの山に登ってみた。これまでネットではあまり知られていない、カレン州北部の様子も紹介したい。

アイコン

ミャンマー・モン州タトンへの遠征 2015年11月

カレン州5度目の滞在。パアン市内には見るものが少なくなり、隣のモン州へ遠征することにした。古都タトンはいまは面影がないが、かつて王朝が栄えた土地だ。

アイコン

ミャンマー・水掛け祭りの頃 2015年4月

暑季、ビルマ暦の新年を告げる水掛け祭りが全国で行われる。4度目の訪問でカレン州にはもうあまり見る場所がないかと思っていたのだが・・・

アイコン

ミャンマー・カレン州の気球祭り 2014年11月

カレン州3度目の滞在。11月上旬は乾季を待ちわびたように、満月祭、カレン州祭りなど祭りの日々がつづく。

アイコン

ミャンマー・カレン州の雨季 2014年6月〜8月

カレン州2度目の滞在。雨季のわずかな晴れ間に寺巡り。パアン、タトン、モーラミャイン、バゴーなどの寺々を訪れた。

アイコン

ミャンマー・カレン州の洞窟寺院 2014年1月〜2月

ミャンマーの南東部カレン州の州都パアン市で1ヶ月すごした。周辺は石灰岩の山がそびえ、鍾乳洞を利用した洞窟寺院が無数にあった。

アイコン

幻の土中育を求めて 2010年9月

養蚕の一手法「土中育」。もう存在しないという事前調査だったが、自分の眼で確かめるため一泊二日で島根県を目指した。

アイコン

県都前橋生糸の市 2010年4月〜2015年3月

かつて生糸の産地として名をはせた前橋市。2010年を過ぎてから、その面影を探してみた。それはまるで渇いた雑巾を絞るような旅だった。

アイコン

吉井・高崎・藤岡方面の稚蚕飼育所 2008年12月〜2013年11月

群馬の稚蚕共同飼育所めぐり計画第1期の最終章。吉井では、蚕に障害が出やすい葉たばこの生産と養蚕を同時に行なった地域もあった。

アイコン