サイトロゴ

ホーム広島の仏殿と屋根付橋(1日目)

広島の仏殿と屋根付橋(1日目)

前年の中国地方の旅のつづき。福山市山野地区では予期せずたくさんの茶堂を見かけた。

 
   
広域地図

香川県高松市から岡山県宇野港を結ぶ宇高航路は、瀬戸大橋が開通したあとでも多くの車が利用する人気航路だ。3社が同じ航路に就航していて、1日約100往復の便がある。桟橋からひっきりなしに出るフェリーには、24時間いつ車を乗りつけてもほとんど待たずに乗ることができるのである。

2002年8月末のある夜、私は高松港から宇野港へ向かうフェリーのデッキにいた。常連客が多いせいか、デッキに出て真っ暗な海面を眺めているのは私くらいのものだ。華やかな高松の夜景が遠ざかり、瀬戸内の名も知らない島々のシルエットが過ぎていくのを眺めていると、旅の始まりの高揚感はいやがうえにも高まってくるのだった。

ところで、今回の旅の始まりがなぜ高松なのかといえば、この年の5月、私は横浜から四国の徳島へと転居していたのである。その最初の夏季休暇を利用して、広島へ向かうことにしたのだった。前年の「山陽の塔巡り」の旅で訪れる予定だった広島方面のつづきである。前年の旅では、岡山は途方もなく遠く感じられた土地だったが、今回は家を出て3時間で岡山の地を踏んでいる。あらためて、遠いところに転居してきたのだなあと実感する。

旅の初日の目的地、広島県の福山市は、早朝に家を出ても十分に観光できる距離なのだが、私は早起きが苦手なので、夜のうちに福山市に着いて、車の中で寝ることにしていた。8月ともなれば車の中は暑くて寝苦しい。そこで福山市郊外の渓流沿いのキャンプ場の駐車場で仮眠することにした。ここなら車の屋根を開ければ、かなり快適に寝ることができる。

目が覚めるとすでに9時ちかい時刻だった。それでも9時前に目的地で活動を始めていれば、私の旅としては上々のスタートである。初日の旅の行程にはこれといって著名なスポットは含まれず、気が乗らなければ軽く流そうかと思っていたのだが、単に仮眠するだけの予定だった福山市の郊外、山野地区で思いのほか時間を過ごしてしまったのだった。

上市の茶堂(福山市山野町山野)山野集落の中心街にある三方吹き放ちの茶堂。

上市の庚申堂(福山市山野町山野)ミニ八十八ヶ所霊場の七十番。棚田の中に建つ。

福泉寺(福山市山野町山野)急峻な斜面の地滑り跡に建つ寺。

山野八十八ヶ所霊場(福山市山野町山野)山中に埋もれた八十八ヶ所霊場を移して最近整備したという。

本覚寺(福山市山野町山野)境内がゲートボール場になっている無住の寺。

小迫の茶堂(福山市山野町山野)人家の敷地の一角にある四ツ堂形式の茶堂。

東面の茶堂(福山市山野町山野)土蔵形式で内部は薄暗い堂。朽ち果てつつあった。

池尻の茶堂(福山市山野町山野)知らない人が見たらバス停の待合所と見まちがえそう。

池尻下の茶堂(福山市山野町山野)戸が付いていて、堂の外で休憩させる構造の茶堂。

田原の茶堂(福山市山野町山野)三方吹き放ち、切妻の茶堂。

田原公会堂(福山市山野町山野)評価のポイントがわからない物件。将来の課題として収録。

光明寺(福山市山野町山野)田原公会堂の裏手にある寺。境内には五葉松の巨木がある。

田原西の茶堂(福山市山野町山野)モルタル白塗り、ブロック造の茶堂。

岩屋権現(福山市山野町山野)祠のうしろには小型の鍾乳洞がある。奥行は不明。

上原谷の茶堂(福山市山野町山野)祭壇が神棚のように高い位置に取り付けられている。

正明寺前の茶堂(福山市山野町矢川)正明寺の境内のすぐ外側にある茶堂。

正明寺(福山市山野町矢川)渡辺綱の伝説を伝える寺。鼓楼が気になる。

照専寺(福山市加茂町北山)高原の尾根にある寺。ふもとに本坊を建築中だった。

岩室観音(福山市加茂町北山)高原を一望する頂上にある篭り堂。

龍田神社(福山市加茂町北山)本殿は軒の深い桃山風の美しい建物。

泉蔵坊(福山市加茂町北山)茅葺き農家のような小屋組みの宿坊。

深山川谷の茶堂(福山市加茂町北山)台地から谷へ降りる道の途中にある茶堂。

粟根の茶堂(福山市加茂町粟根)粟根集落の北の入口にある。

粟根の半鐘(福山市加茂町粟根)木造ハシゴ型の火の見櫓。

妙永寺(福山市加茂町粟根)ナマコ壁の蔵座敷のような建物がある。

妙言の茶堂(福山市加茂町芦原)人家と人家の間にある茶堂。

賀茂神社(福山市加茂町芦原)横長の拝殿の背後に2つの本殿がつながっている。

西運寺(福山市加茂町芦原)賀茂神社の別当寺か。

竹ノ下の茶堂(福山市加茂町中野)道ばたにある四方吹き放ちの茶堂。

下加茂の茶堂(福山市加茂町下加茂)屋根の勾配が緩く、火打ち貫のある茶堂。

南宮神社(府中市栗柄町)神仏習合時代の伽藍を色濃く残す神社。

神宮寺(府中市栗柄町)南宮神社の参道にある別当寺。

金比羅宮(府中市府中町)北向きの社殿は流造に縦拝殿の接合した珍しい構造。

青目寺(府中市本山町)かつては大寺だったという山腹の寺。

首無地蔵(府中市出口町)門前町を形成している流行り神。

甘南備神社(府中市出口町)長い参道の途中に鳥居や石段がある式内社。

円龍寺(尾道市御調町本)コンパクトながら浄土真宗らしい伽藍の寺。

御調八幡宮(三原市八幡町宮内)朱塗りの豪華な屋根付き橋は自由に渡ることができる。

専福寺(三原市東町2丁目)境内に宝塔のような用途不明の堂がある。

松寿寺(三原市東町3丁目)三原市東山寺町のかなめ。堂が多い。

極楽寺(三原市東町3丁目)山陽の浄土宗建築の特徴をもつ本堂は県文。三重塔もある。

浄楽寺(三原市東町2丁目)住宅街にあるこじんまりとした寺。

観音寺(三原市東町3丁目)寺町の北端の寺。木立にかこまれ落ち着いた雰囲気。

善昌寺(三原市中之町2丁目)境内にはピカチュウの石像が。

東光寺(三原市中之町1丁目)石段と白壁が美しい禅寺。

善教寺(三原市東町2丁目)伊能忠敬の観測地点という石碑があった。市街地の寺。

法常寺(三原市西宮1丁目)裳階つき重層本堂の広島県らしい寺。

三原八幡宮(三原市西宮1丁目)付近は公園になっていて、露天桟敷のような空間がある。

順勝寺(三原市西町2丁目)総門は三原城の城門の移築で、室町から安土桃山時代のものだという。

本成寺(三原市西町2丁目)寺がどこにあったのか、よくわからなかった‥‥。

万福寺(三原市西町2丁目)入り組んだ路地と階段の奥にある寺。眺めが良い。

釜山寺(三原市西町2丁目)山門は吹き寄せ垂木。幼稚園がある。

浄念寺(三原市西町2丁目)RC陸屋根2階建のいわゆるアーバン造りの寺。

正明寺(三原市西町2丁目)陸屋根の隅が反っている軽快なRC造。

大善寺(三原市西町2丁目)宝形の堂が2宇、袴腰鐘楼など、堂宇が多い。

一畑薬師堂(三原市西町2丁目)大善寺の一角に間借りするようにたたずむ小堂。

香積寺(三原市本町3丁目)境内に幼稚園があり、堂宇はすし詰め状に配置されている。

壽徳寺(三原市西町2丁目)妻入りの向唐門、本堂には巨大な唐破風向拝。唐破風が目立つ寺だ。

   

他の旅