サイトロゴ

ホーム榛名山南麓の稚蚕飼育所

榛名山南麓の稚蚕飼育所

GWを群馬で過ごした。前橋市西部と高崎市北部の稚蚕飼育所巡り。

 
   
広域地図

2007年のゴールデンウイークの3日を群馬で過ごした。年初から続けてきた赤城山麓の稚蚕飼育所巡りが一段落し、思いのほか成果があったので、次のテーマとして、榛名山麓、碓氷安中、甘楽方面の飼育所巡りという壮大な計画に着手。手始めに、旧群馬町、旧箕郷町、旧榛名町方面の稚蚕飼育所を巡ることにした。現在の自治体の区分けでいえば、前橋市西部と高崎市北部にあたる。

赤城南面の飼育所の形態と、榛名山麓に違いがあるのかが興味深いところだ。

縁切り薬師(前橋市元総社町)大蛇の人身御供にされた娘を弔ったものだという。

山王廃寺跡(前橋市総社町総社)塔の心礎や石製鵄尾などが気軽に見学できる飛鳥時代の寺跡。

総社の養蚕農家(前橋市総社町総社)山王廃寺の境内だった場所には巨大な養蚕農家群が。

西国分稚蚕共同飼育所(高崎市西国分町)二列型のブロック電床育。ベンチレータの形状が珍しい。

東国分稚蚕飼育所(高崎市東国分町)個人経営の飼育所だったのではないか。

疋間稚蚕共同飼育所(高崎市引間町)セントラルヒーティング式の飼育所か。

天子塚古墳(高崎市保渡田町)埴輪のレプリカが置いてある。

中里の火渡り(高崎市中里町)毎年4月17日に開催されるのだという。

足門稚蚕共同飼育所(高崎市足門町)蚕座を移動するレールがあったという。

柏木沢の蚕影碑(高崎市箕郷町柏木沢)雹の被害で死なせたカイコを弔うために建てられた。

新屋敷稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町柏木沢)初期の大部屋方式の遺構か。多くが謎につつまれている。

矢原稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町矢原)大型の飼育所。金属研磨の工場になっている。

松之沢の火の見櫓(高崎市箕郷町松之沢)高さ3m。火の見櫓としては最小の部類だ。

第十六区稚蚕共同飼育所(榛東村広馬場)一列型のブロック電床育の飼育所。

本郷町公園の滑り台(高崎市本郷町)支柱がなく、タラップが垂直のハシゴになっている。

東高浜稚蚕共同飼育所(高崎市高浜町)大部屋方式と思われる。比較的最近まで使われていた感じがする。

白川稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町白川)木工所として使われている。土室電床育の飼育所。

籠戸稚蚕共同飼育所(高崎市十文字町)スレート波板葺きの簡素な印象の飼育所。

宮沢稚蚕共同飼育所(高崎市宮沢町)土室電床育の設備が手付かずで残っている。

金井原稚蚕共同飼育所(高崎市宮沢町)2棟が連結した飼育所。1棟はらせん循環式飼育装置をもっていた。

中室田の壮蚕飼育場(高崎市中室田町)大規模な壮蚕飼育場、だったのではないか。

江戸村稚蚕共同飼育所(高崎市中室田町)個人の住宅になっている。

打越稚蚕共同飼育所(高崎市中室田町)窓がなく、屋根にベンチレータのある不思議な飼育所。

谷ヶ沢の養蚕農家(高崎市上里見町)二階建ての蚕室と主屋が渡り廊下で接続!

谷ヶ沢稚蚕共同飼育所(高崎市上里見町)稚蚕飼育所かどうか、かなり微妙な物件。

谷ヶ沢の庚申塔(高崎市上里見町)庚申塔の古い形態だという。

白川稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町白川)建物のあいだを農道が抜けている。

上芝の共同水車(高崎市箕郷町上芝)下掛けの立派な水車。

富岡稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町富岡)斜面に建ち、貯桑場との接続がおもしろい。

飯玉神社(高崎市箕郷町富岡)妻入り入母屋の本殿。

箕郷中央蚕共同飼育所(高崎市箕郷町西明屋)新旧二棟の建物が並び建つ。

   

他の旅