サイトロゴ

ホーム東北すきま旅(秋田編)

東北すきま旅(秋田編)

旅の2日目後半と3日目の行程。2日目は田んぼの中に浮かぶ小島や不思議な霊場を訪問。3日目は男鹿半島を一周し名水の町六郷町へ。

 
   
広域地図

旅の2日目の後半は秋田県に入る。本荘市付近で不思議な霊場を見て、秋田市へ着いたのは夜になっていた。

市内に宿泊し、翌日の3日目は朝から男鹿半島を周遊。

再び秋田市に取って返し、銘水で有名な六郷町を見学し、今度は湯沢市まで南下するという忙しい行程。3日目は地元の人も呆れるくらいの猛暑で、言葉通りの強行軍となってしまった。

しかもデジカメのファイルが破損していたため、半日分の工程が紹介できなくなってしまった。

蚶満寺・象潟(にかほ市象潟町象潟島)芭蕉が見た小島は今では隆起して塚になっていた。

永泉寺(由利本荘市給人町)古い写真ではうっそうとした松林だが意外にあっさり。

善応寺(由利本荘市古雪町)切妻、朱塗り瓦で塗籠造の本堂。山門付近に鼓楼がある。

赤田大仏・長谷寺(由利本荘市赤田)重層の大仏殿。2階の欄干はダミーだ。

折渡千体地蔵(由利本荘市岩谷麓)夜の山中にネオンライトきらめく、不可解な霊場。

高橋修悟霊場(由利本荘市岩城上黒川)高橋さんが個人で作った(?)濃ゆ~い十三仏霊場。

長楽寺(男鹿市船川港本山門前祓川)大な山岳霊場があったが江戸時代には衰退。今はただの一寺。

瑞光寺(男鹿市北浦北浦杉原)男鹿半島の小さな港町にあった重層本堂。

万体仏・常在院(男鹿市北浦真山白根坂台)一万体の小仏を納めた堂。なまはげとセットで意外に繁盛。

補陀寺(秋田市山内松原)楼門の2階の十六羅漢が見学可能なのが嬉しい。

天徳寺(秋田市泉三嶽根)佐竹氏の菩提寺で秋田市きっての名刹。重文の大盤振る舞いだ。

神宮寺の洋館(大仙市神宮寺神宮寺)元は造り酒屋の事務所か。西日の差す事務所は懐かしい風景。

大川寺(大仙市大曲須和町3丁目)さざえ堂マニアを惑わす、怪しすぎる重層本堂。

六郷町湧水群(美郷町六郷)町内30ヶ所以上に湧水。銘水観光の頂点のひとつ。

小町堂(湯沢市小野小町)平等院を模した安っぽい建築。

龍野神社裏湧水(湯沢市小野小野)小野小町の岩屋へ行く道で見かけた名もなき湧水。

   

他の旅