サイトロゴ

ホーム広島の仏殿と屋根付橋(4日目)

広島の仏殿と屋根付橋(4日目)

午前中は安芸群島の島で過ごし、午後は広島市内の寺巡り。

 
   
広域地図

旅は4日目に入る。

当初この旅は全行程5日間の予定で、場合によっては延長もあり、などと考えていた。

この日の予定は、江田島近辺の戦争遺跡や旧海軍兵学校見学、その他、適当に目に付くものを見ながら安芸群島で半日すごし、フェリーで広島市に移動。午後は広島市内の寺を見学し、あわよくば湯来町の湯の山温泉宿泊。次の5日目は安芸の宮島を半日見学し、岩国の錦帯橋まで行こうと計画していた。

さて、こんなふうに計画をカミングアウトした上で、実際のレポートを見てみると、4日目の旅のダメっぷりが見えてくると思う。

音戸大橋(廿日市市宮島町)狭い海峡をまたぐ日本初のループ橋。私の原点と言っていい。

宝来船渠・ドック跡(呉市倉橋町)文化財の看板はあるのだが、どこがドックなのかわからなかった。

桂浜神社(呉市倉橋町)絵馬堂と拝殿が石の間で接続する不思議な配置。

妙法寺・広島道場(広島市東区光が丘)広島駅裏手の山頂にそびえる、宇宙船のようなストゥーパ。

正廣寺(広島市東区光が丘)急斜面に張り付くように立っている寺。

国前寺(広島市東区山根町)山門は不動院の山門のレプリカか。

聖光寺(広島市東区山根町)伽藍は伝統意匠と現代の混交を目指しているようだ。

不動院(広島市東区牛田新町3丁目)国宝の仏殿は仏殿好きには必見。楼門、鐘楼も国重文。

三滝寺(広島市西区三滝本町2丁目)巨大な回遊式庭園のような寺。緑がきれいで散策には最適。

一願堂(廿日市市原)極楽寺の奥の院。寺なのに拝殿がある。

極楽寺(廿日市市原)大仏殿の中に巨大木造阿弥陀如来。境内からは広島湾を一望。

豊国神社(廿日市市宮島町)建築途中で放置された厳島神社の本堂。

厳島神社(廿日市市宮島町)日本国内に残る唯一の寝殿造り建築。

大願寺(廿日市市宮島町)厳島神社の別当寺のひとつ。境内はやたらに開放的。

大聖院(廿日市市宮島町)摩尼車や戒壇巡りなど、寺好きの心をよくわかっている寺。

粟島神社(廿日市市宮島町)境内に「みくじ堂」があり、道からおみくじが買える。

林家住宅(廿日市市宮島町)滝小路にある国重文の社家。見学はできない。

三翁神社(廿日市市宮島町)三社の末社が合祀された神社。いずれも檜皮葺き。

宮島町の町並み(廿日市市宮島町)狭い路地や石段の町並み。夕暮れには鹿が町の中を闊歩する。

光明院(廿日市市宮島町)斜面の寺だが本堂が山に向いていて、狭苦しい感じがする。

宝寿院(廿日市市宮島町)ちょっとしたすきまに堂を祀るおもしろさ。

毘沙門堂(廿日市市宮島町)公園の中にある宝形造の辻堂。お籠りもできそうだ。

真光寺(廿日市市宮島町)建ぺい率は都心の住宅なみ。敷地いっぱいに建っている。

在光寺(廿日市市宮島町)四脚門の柱が石段を降りたところに立てられている。

徳寿寺(廿日市市宮島町)山の斜面を利用した2階建てRC造の本堂。

   

他の旅