サイトロゴ

ホーム大山・出雲の旅(2日目)

大山・出雲の旅(2日目)

気になっていた島根半島の西半分を少しだけ探索。鰐淵寺、出雲大社など定番の観光地も巡った。

 
   
広域地図

前回の旅で漁村小伊津を訪ねた。そのとき島根半島は風光明媚な場所だとわかったので、今回の旅では島根半島を中心に観光することに決めていた。きょうは島根半島の西半分、あすは東半分を巡るつもりである。

島根半島の西半分といえば、定番の観光地は鰐淵寺、出雲大社と日御碕(ひのみさき)だろう。出雲大社は以前に一度訪れたことがあるので軽く再訪、その後出雲市と三刀屋町の寺をいくつか見ることにする。

高野寺(出雲市野石谷町)かつて大寺だったという廃寺。

唯浦漁港(出雲市美保町)大正時代の海難を伝える碑がある。

塩津漁港(出雲市塩津町)小さな岬に抱かれるような漁村。

釜浦の町並み(出雲市釜浦町)海岸線に張り付くように漁家が並ぶ。

ショッピングセンターわにぶち(出雲市河下町)鉱山の購買所だったのではないか。

鰐淵鉱山跡(出雲市河下町)トロッコの橋脚や鉱山住宅が残る。

鰐淵寺(出雲市別所町)中世には出雲大社の別当寺として栄えた古刹。

猪目洞窟(出雲市猪目町)古代の墓所として使われていた海食洞。

鷺浦の町並み(出雲市大社町鷺浦)北前船の寄港地として栄えた港町。

日御碕灯台(出雲市大社町日御碕)日本一高い灯台で世界灯台100選にも選ばれている。

日御碕神社(出雲市大社町日御碕)夕日を御神体とした西向きの社殿。

旧大社駅(出雲市大社町北荒木)旧国鉄の駅舎が本来の位置にそのまま保存されている。

出雲大社(出雲市大社町杵築東)中国地方最大のパワースポット、縁結びの神。

神門寺(出雲市塩冶町)弘法大師がいろは歌を作った場所という伝説がある。

高貞社跡の時計台(出雲市上塩冶町)柱時計が内蔵された真新しい時計台。

上塩冶地蔵山古墳(出雲市上塩冶町)巨大な壁で玄室が区切られている特異な古墳。

上塩冶築山古墳(出雲市上塩冶町)石室内に家形石棺が2つ安置されている。

光明寺(出雲市馬木町)朱塗りの釘貫門が目立つ。日本三大不動のひとつという。

馬木北公園の滑り台(出雲市馬木北町)サイドにアーチがある開放デッキ型の二脚台。

峯寺(雲南市三刀屋町給下)平安時代に42坊を数えたという山寺。

禅定寺(雲南市三刀屋町乙加宮)境内からの眺望がすばらいい山寺。

湯の川温泉のゲート(出雲市斐川町学頭)夜になるとネオンが点灯する風情あるゲート。

   

他の旅