サイトロゴ

ホーム尾張・西美濃戒壇巡り(その2)

尾張・西美濃戒壇巡り(その2)

旅の2日目。大垣市内の舟運の遺構を見学する。関ヶ原ウォーランドでは今日も武将たちが死闘を繰り広げていた。

 
   
広域地図

旅の2日目。岐阜県の南西部(地図のうす黄色の部分)を観光する。宿泊地の大垣市は初めて訪れる土地。市内の船だまりや河港は一度訪れたいと思っていた観光スポットだ。

朝は宿泊地の岐阜県大垣市からスタート。午前中に羽島市近辺の寺を見て、その後大垣市に戻り市内で河港(かこう)を見学、午後は中仙道を通って垂井町、関が原町へと向かう。

垂井町や関ヶ原町は2度ほど訪れたことのある場所だが、どこかへ向かう途中で立ち寄っていたので今回はじめて腰を据えて観光。寺だけでなく、ウォーランドや鍾乳洞などの観光地にも行くことができた。

永照寺(羽島市福寿町平方)本堂は藩校を移築した聖堂建築だという。

東本願寺竹鼻別院(羽島市竹鼻町)正面9間の巨大本堂。典型的な本願寺別院。

専福寺(羽島市竹鼻町)小路の奥にある瀟洒な本堂。

竹鼻町町並み(羽島市竹鼻町)袖うだつと連子格子が続く町並み。

佐吉大仏(羽島市竹鼻町)大仏公園の中の大仏殿にある無名の大仏。

船町自噴井戸(大垣市船町1丁目)かつては市中に多く見られた自噴井戸を観光用に再現。

船町河港(大垣市船町4丁目)船着き場と住吉灯台の風情は横綱級だが、水質改善を望む。

常隆寺(大垣市船町4丁目)大垣市内で見かけためずらしい重層の竜宮門。

加賀野八幡宮(大垣市加賀野1丁目)神社よりも境内にある自噴井戸で有名。

赤坂河港(大垣市赤坂町)かつて栄えた河港も川の付け替えで見る影もない。

赤坂火の見櫓(大垣市赤坂東町)経済的であっさりした江戸風の意匠に好感をもてる。

赤坂宿(大垣市赤坂町)皇女和宮降嫁を昨日のように語り継ぐ中仙道の宿場町。

西町踏切(大垣市赤坂町)引込線だが、番小屋付きの手動踏切が現存。

明星輪寺(大垣市赤坂町)本堂の内陣が岩屋になっており、見学できるのが嬉しい。

金生山カルスト地形(大垣市赤坂町)ミニ・カルスト地形。奇岩の間を歩いて見学。

垂井宿(垂井町垂井)車が通れる石鳥居のある中仙道の宿場町。

垂井の泉(垂井町垂井)垂井宿の名のいわれにもなった名水だが飲めないのが残念。

南宮大社(垂井町宮代)境内の建物は国重文ばかり。特に舞殿は貴重な建築。

真禅院(垂井町宮代)南宮大社の別当寺。三重塔の遠景がみごと。

菁莪記念館(垂井町岩手)藩校の資料館。もう少しちゃんとした建物を建てて欲しい。

関ヶ原ウォーランド(関ケ原町関ケ原)無数のコンクリ人形が今日も合戦を繰り広げる。

玉倉部の清水(関ケ原町玉)日本武尊が病を癒したという伝説の泉。

関ヶ原鍾乳洞(関ケ原町玉)全長500m。鍾乳石も少なく、入場料は高すぎ。

妙応寺(関ケ原町今須)これぞ地方禅院の典型的な七堂伽藍。ぜひ立ち寄りたい。

   

他の旅