サイトロゴ

ホーム長良川・飛騨の旅(その3)

長良川・飛騨の旅(その3)

旅の3日目。高山市内の寺町を散策。円空仏の千光寺、国宝輪蔵の安国寺に立ち寄り飛騨古川へと着いた。

 
   
広域地図

旅の3日目。午前中は高山の博物館を見学したり、寺町や町並みを散策した。高山の町は2度目。前回来たのはもう15年くらい昔のことだ。そのときも寺町を見たのだがあまり記憶が残っていない。しかし今度はこうして簡単な記録を付けているから、次の15年後にもこの高山への旅の詳細を思い出すことはできるだろう。

私はこれまで自分でも数えきれないほどの寺を訪れたが、時が経つにつれて記憶があいまいになってきている。どんな寺だったかよく思い出せない所も多い。そしてそのうちのかなりの場所は、おそらく自分の残りの人生でもう一度訪れることはないだろう場所なのだ。そういうささいな記憶を長くとどめておく手段として、HTML は私にとっては理想的な記録方法なのである。

さて午後は眠気と闘いながら、円空仏の千光寺、国宝輪蔵の安国寺などに立ち寄り、飛騨古川へと向かった。

予定ではこの後、JR高山本線に沿って南下して愛知県に戻るつもりだったが、同行した友人がだいぶ疲れてきたようなので、飛騨古川を最後にして長野県経由で帰路につくことにした。

飛騨大観音(高山市一之宮町)謎の朱塗り高層本堂は、結局謎だった。

松倉大悲閣(高山市松倉町)山道徒歩15分。無住で懸崖造の篭り堂。周囲に岩座。

東山寺めぐり1(高山市宗猷寺町)宗猷寺。本堂は重層仏殿風で内部畳敷き。

東山寺町めぐり2(高山市愛宕町)善応寺、法華寺、天照寺、素玄寺、洞雲院。山を背負った寺々。

東山寺町めぐり3(高山市愛宕町)大雄寺。アイストップの重層門が絵になる寺。

東山寺町めぐり4(高山市若達町1丁目)栄鏡院、雲龍寺、久昌寺。境内を通り抜けて散策できる。

本願寺高山別院(高山市鉄砲町)定番の巨大唐門。境内の駐車場は市内散策に便利。

昼の高山市(高山市上三之町)昼の上三之町は竹下通り並みの混雑でうんざり。

からくり水車(高山市上三之町)上三之町の土産物屋前に設置。すきま物件とは言えない。

三階民家(高山市馬場町2丁目)市内には木造三階の民家が散見される。

国分寺(高山市総和町1丁目)商店街にあり境内の大銀杏が有名。本堂は国重文。

千光寺(高山市丹生川町下保)円空仏の両面宿儺像で有名な山寺。境内のミニ霊場は一周4km。

水車小屋幻想(高山市丹生川町桐山)午後の眠さの中で見た白日夢。

三之瀬火の見櫓(高山市丹生川町三之瀬)集落の中に立つ景色はヨーロッパに似ている。

諏訪神社(高山市丹生川町柏原)桜の花に包まれた小社。近くには岩舟の滝。

安国寺(高山市国府町西門前)国宝の輪蔵。下部固定式の経巻棚がカッコイイ。

阿多由太神社(高山市国府町木曽垣内)式内社で本殿は重文。橋を渡って参詣する。

国府大仏(高山市国府町木曽垣内)本当に1丈6尺あるのか? ギネス級のマイクロ大仏。

誓願寺(飛騨市古川町壱之町)飛騨古川見学の駐車場から近い。六角太子堂あり。

円光寺(飛騨市古川町殿町)乗り越し屋根のついた奇妙な門。古川観光の中心地にある。

飛騨古川の町並み(飛騨市古川町殿町)造り酒屋と水路だけなのだが、雰囲気は最高。

   

他の旅