サイトロゴ

ホーム知多・岡崎迷走(2日目)

知多・岡崎迷走(2日目)

常滑、知多、東海近辺の寺を巡る。それなりの数の寺を訪れたが、なぜか心の渇きが癒えることはなく、最後には逃げるようにして岡崎へと向かったのだった。

 
   
広域地図

旅の2日目。朝、宿を出てまず知多半島の南端を目指す。そこは前回の旅で一度訪れた場所なのだが、見落していたスポットがあったので再訪。そのあとは知多半島の西側を北上して常滑、知多、東海、大府の近辺を探索して岡崎市へ宿泊した。

いまになって考えてもあらためて「なぜ岡崎?」と思ってしまう。知多の旅としてはコンセプトが違うのだ。知多半島の南半分でもっとのんびりしてもよい旅だったはずだし、常滑あたりでじっくり一日過ごせそうなものなのだが。

この日いったい私は何に餓えていたのだろうか。いくら寺を見ても気持ちに潤いがえられず、まるでボロボロになった麻薬患者のように、ただただ寺を巡っていたような気がする。そのうちに西知多のあたりにうんざりして、逃げるように岡崎へと向かったのである。

この日の行程の特徴は、十王堂が多かったということだろうか。それも業の秤、浄玻璃の鏡、人頭状といった地獄行き判定装置がそろったフル装備の十王堂がいくつもあった。フル装備の十王堂が多いのは三河地方の特徴といえるかもしれない。

北室院(南知多町大井真向)大井の五ヶ寺。十王堂の業の秤は駿河問いという縛り方。

性慶院(南知多町大井丘ノ下)大井の五ヶ寺。こじんまりとした境内に福寿稲荷の朱鳥居が鮮やか。

宝乗院(南知多町大井真向)大井の五ヶ寺。金比羅堂にはつっかい棒。堂が込み入っている。

利生院(南知多町大井真向)大井の五ヶ寺。境内には巡礼者の休み処がある。

医王寺(南知多町大井真向)大井の五ヶ寺。本堂裏に弘法洞窟がある。

上陸大師(南知多町片名長谷)海中に立っている3mの弘法大師像。

中之院・再訪(南知多町山海土間)境内奥には覚王山付近から引き取られた軍人像が並ぶ。

軍艦住宅(常滑市小鈴谷荒子)『シュナの旅』の石の箱船を彷彿とする素晴らしい住宅。

多賀神社(常滑市苅屋洞ノ脇)本殿は檜皮葺き、趣のある神社。社叢は常緑樹の森。

高讃寺(常滑市西阿野阿野峪)本堂の内部には富士登山の絵馬が多数奉納されている。

正住院・再訪(常滑市保示町1丁目)三間三戸重層門、六角の輪蔵などを擁する巨刹。

法通寺(常滑市港町5丁目)不気味な山門がアイキャッチ。多重塔がある。

斉年寺(常滑市大野町9丁目)「恵可断臂図」を所有する寺。狭いが堂は多い。

大智院(知多市南粕谷本町1丁目)日本にもメガネ仏があった!

大野の十王堂(常滑市大野町8丁目)塗籠造の重層の辻堂。人頭杖や浄玻璃鏡がある本格派。

吉祥院(知多市八幡平井)法海寺塔頭のひとつ。寺の前は狭くて風情のある道。

法海寺(知多市八幡平井)無住の寺で、通り抜けできる境内に堂宇がたくさんある。

常光院(知多市八幡平井)法海寺塔頭のひとつ。境内のチェックなどを忘れた…。

大乗院(知多市八幡平井)法海寺塔頭のひとつ。参道の右側に面している。

妙乗院(東海市養父町里中)瓦屋根の目立つ緊張感のある門構え。

玉泉寺(東海市養父町浅間前)紅色に塗られた柱梁がケバい無住の寺。幼稚園も無住。

安楽寺(東海市養父町南堀畑)RC造本堂は新築で、玉泉寺と同じ設計者に思えた。

弥勒寺(東海市大田町寺下)八角形のガラス張りの建物は日本の寺らしからぬ風情。

聚楽園大仏(東海市荒尾町東丸山)日本最古のRC大仏の周囲は巨大製鉄所。

普門寺(大府市横根町石丸)4つの札所を兼ねている。参拝客の多い寺。

賢聖院(大府市北崎町北屋敷)楼門が普門寺と酷似している。

知立神社(知立市西町神田)尾張造檜皮葺きの社殿。多宝塔もある。

法公会総本山(知立市西町亀池)燦然と輝く黄金の九輪付きストゥーパ状本堂。

総持寺(知立市西町新川)狭い境内でいろいろな参詣ができる。山門は竜宮門。

浄龍寺(岡崎市大和町沓市場)失礼ながら、妙源寺と間違えて入ってしまった無住寺。

妙源寺(岡崎市大和町沓市場)柳堂と呼ばれる太子堂は国重文。山門はつっかい棒だらけ。

上宮寺(岡崎市上佐々木町梅ノ木)一向一揆の拠点三ヶ寺のひとつ。現代建築だが悪くない。

浄慶寺(岡崎市上佐々木町梅ノ木)上宮寺の向かいにある。前の道は寺で突き当たるように見える。

正福寺(岡崎市上佐々木町西勝)上宮寺の隣にあった寺。山門は立派だが本堂は貧弱な感じ。

本証寺(安城市野寺町野寺)一向一揆の拠点三ヶ寺のひとつ。堀、櫓がある典型的な城郭寺院。

   

他の旅