サイトロゴ

ホーム新田荘・湧水の里

新田荘・湧水の里

新田町の湧水巡りに出かけたが、そこに待っていたのは豊かな水のイメージとはかけ離れた残念な光景だった。

 
   
広域地図

2004年8月末、ちょっと遅い夏休みだが久しぶりに帰省した。その日は平日だったが、たまたま友人が代休で休みだったので、半日かけて東毛(群馬県の東部)観光に出かけることにした。

東毛で半日くらいかけて面白いものを見たい、と考えたとき、実は新田町の湧水巡りがいいのではないかと、私はかねてから思っていた。こんこんと尽きることなく湧き出す清廉な地下水、それをただ見ているだけでも現代人にとっては癒しになる。名水ブームの今日にマッチした隠れた観光コースではないかと思ったのだ。

新田町は古くは「新田荘(にったのしょう)」と呼ばれ、平安~鎌倉時代には新田氏という豪族が治めた荘園だ。関東平野の北限の山並みから流れ出る渡良瀬川の扇状地であり、浅間、榛名、赤城山などの活火山からもたらされた火山灰土によって豊饒な畑地が続いている。扇状地というと一般には水が得にくい地形といわれるが、新田町はちょうど扇状地の終端部にあたるためか幾多の湧水池があり、その池からはそれぞれ川が流れ出している。おそらく古代からこの湧水群を使って拓けてきたのであろう。

ついでなので、伊勢崎市南部の富士塚などを見学しながら新田町へと向かうことにした。

養気山(伊勢崎市長沼町)おそらく富士塚だと思うが…。群馬県内では最大級

長沼の養蚕農家(伊勢崎市長沼町)巨大な2階農家。煙出し櫓がすごい。

下武士の富士塚(伊勢崎市境下武士)例幣使街道に面している。大きな松の木が目印。

上中の湧水(太田市新田上中町)町が親水公園を計画しているが、まったく水がない。

団蔵坊の湧水(太田市新田大根町)大きな用水池に改造。水はあるが近寄りがたい雰囲気。

美濃谷戸の湧水(太田市新田大根町)ヒョウタン型の沼。水は濁っていた。

矢太神沼の湧水(太田市新田大根町)公園化され整備されている。

妙参寺沼の湧水(太田市新田大根町)湧水ポイントはU字溝になっていた。

金井の出水(太田市新田金井町)工場の敷地の中にある。枯れ果てている。

重殿湧水(太田市新田市野井町)池の中の石祠がいい感じだが、枯れていた。

市野井の湧水(太田市新田市野井町)廃車置き場の横にある湧水。枯れていた。

弁天の湧水(太田市新田市野井町)周囲には湧水を利用したクレソン畑が広がる。

サカノイケの湧水(太田市新田市野井町)民家の庭にある。水位は下がったが水はある。

通木の湧水(太田市新田市野井町)農家の屋敷林の横にある。水位は下がったが水はある。

一の字池の湧水(太田市新田市野井町)生品中の南にある。枯れ果てていた。

羅釜の湧水(太田市新田市野井町)田んぼの真ん中にある。湧いているようには見えない。

   

他の旅