サイトロゴ

ホーム松江から鳥取へ(4日目)

松江から鳥取へ(4日目)

鳥取市を中心に回廊寺院巡り。夕方ごろから県の南東部のほうへ行ってみたが、ちょっと時間切れの感はいなめなかった。

 
   
広域地図

日本の寺のタイプで、私が最も好きなのは地方の回廊を持つ禅院だ。学校の教科書で習う回廊寺院というと、古代寺院の××寺式伽藍とか、鎌倉仏教の禅宗の伽藍配置だと思う。特に禅宗といえば、基本的には仏殿を中心とした伽藍構成だと教科書的には説明される。その仏殿に回廊を加えたものの代表は、黄檗宗の本山万福寺に見ることができる。当サイトでは万福寺の伽藍を「万福寺型回廊」と呼んでいる。いわば教科書通りの伽藍配置なのだが、実際には少数派で、国内には数えるほどしか例がない。

これから紹介するのは、地方の立派な禅院にある回廊である。仏殿ではなく本堂を中心とし、禅堂、庫裏、鐘楼を連結するケースが多い。これを当サイトでは「妙応寺型回廊」と呼ぶ。

妙応寺型回廊を持つ寺は偏在していて、1ヶ所あるとその近くにもあることが多い。当サイトではこれまで山口県で4ヶ寺を紹介しており、山口は回廊の多い県だ。ほかには長野県にも多い。そして、これから巡っていく鳥取市周辺も回廊寺院の密集地帯なのである。(実は昨日鹿野町で見忘れた寺も回廊寺院である。)

瓦町ロータリー(鳥取市今町1丁目)六叉路に作られた本格的なロータリー。

玄忠寺(鳥取市新品治町)剣豪荒木又右衛門の墓がある。

学成寺(鳥取市新品治町)鳥取市西の寺町の寺のひとつ。

長栄寺(鳥取市新品治町)鳥取市西の寺町の寺のひとつ。

景福寺(鳥取市新品治町)鳥取市西の寺町の寺のひとつ。

善久寺(鳥取市新品治町)鳥取市西の寺町の寺のひとつ。

新品治緑地の滑り台(鳥取市新品治町)松葉脚の開放デッキ台。

久松山ロープウェイ山麓駅(鳥取市湯所町1丁目)廃線になったロープウェイの駅。

最勝院(鳥取市湯所町1丁目)鳥取城山麓の寺。

湯所神社(鳥取市湯所町1丁目)鳥取城山麓の小さな社。

天徳寺(鳥取市湯所町1丁目)朱塗りの薬医門が立派。

仁風閣(鳥取市東町2丁目)洋館として非常にレベルが高い建物。

興禅寺(鳥取市栗谷町)本堂裏に渡辺数馬の墓がある、庭園もみごと。

日香寺(鳥取市馬場町)参道に屋根がある現代的な寺。

大隣寺(鳥取市馬場町)境内に十六羅漢の石仏がある。

芳心寺(鳥取市馬場町)能勢の妙見山を分霊した妙見堂がある。

本慈院(鳥取市馬場町)芳心寺の塔頭のひとつ。

完龍院(鳥取市馬場町)芳心寺の塔頭のひとつ。

樗谿神社(鳥取市上町)拝殿と本殿が国重文。

観音院(鳥取市上町)本堂裏の庭園がみごと。

立川町のB.V.C(鳥取市立川町1丁目)ベンハーのアルギンZ機。

広徳寺(鳥取市立川町1丁目)本堂前の造園がジオラマみたい。

法泉寺(鳥取市立川町1丁目)境内にウニモグ406が。

立川公園(鳥取市立川町3丁目)ヘの字型コンクリの山がある。

大雲院(鳥取市立川町4丁目)本堂の内部は三十三観音の巡礼堂になっている。

摩尼寺(鳥取市覚寺)本堂の床下に戒壇巡りがある。

本光寺(岩美町恩志)火災で山門と回廊だけが残った。

龍満寺(新温泉町諸寄)竜宮門に接続した回廊がある。

浜坂駅給水塔(新温泉町浜坂)蒸気機関車のための給水塔。

成田山青龍寺(八頭町下門尾)階段状の本堂には涅槃仏がある。

不動院岩屋堂(若桜町岩屋堂)遠くから見るだけの投入堂。

高野ロケットタワー(若桜町高野)司令船がないタイプのロケットタワー。

   

他の旅