サイトロゴ

ホーム東北すきま旅(山形編)

東北すきま旅(山形編)

羽黒山とその周辺の寺を見ているうちに夕方になり、出羽三山めぐりの計画は中途半端なところで頓挫してしまった。

 
   
広域地図

旅は4日目に入り、ちょっとばて気味だ。今回の旅は日中の猛暑と、宿を見つけるのに手間どったため投宿時刻が遅くなって寝不足なのが重なって、かなりしんどくなってきた。

羽黒山、湯殿山、月山をまわるつもりだったが、のんびり移動したため山間部で夕方になってしまった。いったん市街にもどって宿泊し、再度山間部へ向かうという手もあったし、旅に出たときには漠然と5日の行程を考えていたのだが、気力体力ともに萎えてくると、次第にどうでもよくなってくる。

取り敢えず、山形県の北西部(庄内平野)だけを見ることにし、南東部(山形盆地)はまた今度のお楽しみということにした。

正源寺(真室川町新町)奥羽本線に面した楼門。参道を線路が横切る。

瑞雲院(新庄市十日町)新庄藩主の菩提寺。6棟の霊廟は均整のとれた美しい建築。

光星寺(庄内町三ケ沢)やたらに赤が目立つ狐の寺。信徒会館内には白狐のはく製。

手向集落(鶴岡市羽黒町手向)現在でも多くの宿坊が現役。中ほどには国重文の黄金堂。

羽黒山・五重塔(鶴岡市羽黒町手向)東北きっての名建築で国宝の五重塔。でも石段がきつい。

羽黒山・本殿(鶴岡市羽黒町手向)本殿の茅葺き屋根は桁外れの巨大さだ。

玉川寺(鶴岡市羽黒町玉川)和む回遊式庭園が、羽黒山帰りの観光客をまねく。

注連寺(鶴岡市大網)湯殿山の別当寺。ミイラがあるという。

大日坊(鶴岡市大網)女湯殿山”の別名。今も宿坊を営業。ミイラがあるという。

   

他の旅