サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(1日目)

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(1日目)

今回の旅は「普通の観光地もちゃんと見る」という趣旨で進めることにする。初日は香川県高松市からフェリーで岡山県に渡り、倉敷の町並みを散策する。

 
   
広域地図

中国地方の旅は数年越しのテーマで、2001年GWに岡山県を、2002年夏季休暇で広島県東部を見てきた。今回2003年のGWは、前回の続きならば広島県の西部から山口県へと進むのが順当なのだが、そのまえにもう一度岡山県を見ることにした。

私の個人的な印象では、岡山県は中国四国地方では町並み、寺社、民俗、自然が最もバランスよく観光できる県だと思う。寺社だけで言えば兵庫県は私好みの寺がより濃密に分布しているし、自然でいえば四国の南半分が圧倒的にダイナミックだが、岡山県のバランスのよさにはかなわないだろう。

今回は岡山県だけで6泊7日というスケジュール。これまで私は人の多い有名観光地は敬遠することが多かったが、今回は時間もあるし普通の観光スポットにもひるまずに立ち寄るつもりだ。

旅の組み立ては小学館刊『日本列島現役水車の旅』というガイドブックに載っている揚水水車を探しながら、県央のカルスト地帯で鍾乳洞も巡る。その過程で寺社があれば立ち寄るという感じ。

だが現地に着いてからこのプランは失敗だったことに気付いたのである。私は2002年から四国の徳島に住んでいる。徳島の平野部では早いところは4月の上旬に田植えが始まる。遅くとも5月には多くの田んぼに水が入る。その季節感から5月には揚水水車がフル稼働しているだろうと想像していたのだ。

ところが瀬戸内海を渡って岡山に入ってみると風景が違う。田んぼは代かきすら始まっておらず、まったく水がない。これでは揚水水車が稼働していないどころか設置すらされていないだろう。しかしもう休暇は決めてしまったので後戻りはできない。そのまま7日間の旅に突入したのであった。

蓮華寺(高松市浜ノ町)線路際にあるお寺。本堂の軒下に鉄のガマがいた。

逸見邸楼閣(高松市錦町2丁目)大正時代に建てられた楼閣だという。

日妙寺(高松市錦町2丁目)無縁仏置き場に石造三重塔がある。

吉祥寺(高松市錦町2丁目)地蔵がひとつだけ後ろを向いていた。

若一王子神社(高松市錦町2丁目)神門が2つもある。神仏習合のなごりか。

真行寺(高松市扇町1丁目)男木島、女木島の島民が信徒だという。

願教寺(高松市扇町1丁目)狭い境内にいっぱいいっぱいに伽藍が建つ。

常福寺(高松市扇町1丁目)本堂前に寝釈迦のレリーフがある。

恵比須神社(高松市扇町1丁目)境内に長屋がびっしりと長屋が建っている。

扇町公衆便所(高松市扇町1丁目)住宅街の路上に忽然とある公衆便所。

徳成寺(高松市番町2丁目)公園に面した陸屋根の本堂。

弘憲寺(高松市錦町2丁目)石造五重塔の基壇に戒壇巡りがある。

泉立寺(高松市錦町2丁目)無縁仏置き場に石造三重塔がある。

観龍寺(倉敷市阿知2丁目)鶴形山の中腹、観月殿のある立派な寺。

鶴形山の鐘楼(倉敷市本町)塀の中にありよく見えない時鐘。

阿智神社(倉敷市本町)観月殿や能舞台がある立派な神社。

倉敷本町付近の町並み(倉敷市本町)商家がならぶ山沿いの町並み

長連寺(倉敷市船倉町)本堂が茅葺き屋根の寺。

生目八幡宮(倉敷市船倉町)墓地の中にある神社、目の病気に霊験があるという。

教善寺(倉敷市船倉町)県道22号線きわの石垣の上にあるお寺。

倉敷川沿いの町並み(倉敷市中央1丁目)河岸問屋が並ぶ運河の美しい景観。

誓願寺(倉敷市阿知2丁目)竜宮門や竜宮門風の鐘楼がある。

本栄寺(倉敷市本町)狭いナマコ壁の路地の奥にある寺。

祐安の揚水水車(倉敷市祐安)岡山で最多の水車がかかる区間ではないか。

不浄観音寺(倉敷市中帯江)とても繁盛している子授けと安産の祈祷寺。

貴船神社(倉敷市中帯江)不浄観音寺の参道にある、本殿が宝形屋根の神社。

呑海寺(岡山市南区箕島)石垣の上にある日蓮宗のお寺。

盛隆寺(岡山市南区妹尾)妹尾千軒皆法華とうたわれた名刹、4つの塔頭がある。

安祥院(岡山市南区妹尾)盛隆寺の塔頭のひとつ。参道の左側1軒目。

善立院(岡山市南区妹尾)盛隆寺の塔頭のひとつ。参道の左側2軒目。

浄園院(岡山市南区妹尾)盛隆寺の塔頭のひとつ。参道の右側1軒目。

智応院(岡山市南区妹尾)盛隆寺の塔頭のひとつ。参道の右側2軒目。

玉柏の揚水水車(岡山市北区玉柏)旭川西川用水の取水口近くにかけられている。

誉田の揚水水車跡(岡山市中区祇園)痕跡が2箇所残っていたが、たぶん使われていない。

   

他の旅