サイトロゴ

ホーム赤城山南麓の稚蚕飼育所

赤城山南麓の稚蚕飼育所

群馬県赤城山麓の稚蚕共同飼育所を巡った。

 
   
広域地図

群馬県の農村地帯を行くと、ほとんど小字につき一箇所くらいの密度で、稚蚕共同飼育所の遺構を見ることができる。稚蚕共同飼育所とは、カイコの1齢幼虫~3齢幼虫まで(=稚蚕)を飼育するための施設である。稚蚕は体が小さいため狭い場所で多量に飼育できる。群馬県では戦後、複数の農家が共同で飼育する効率的な飼育方法が広く普及した。特に、押入れのような小部屋で温度管理をしながら集中飼育する方式は、群馬県蚕業試験場が開発したといわれる管理方法で、その方式にしたがった共同飼育所が県内に無数に作られた。

その後、養蚕の衰退にともなって、集落単位での稚蚕共同飼育は消滅した。もちろん現代でもカイコの初期の育成は稚蚕共同飼育だが、飼育は農協などで実施され、農家が携わることはなくなっている。

昭和末期には集落単位の飼育所はほとんどがその役割を終えていた。だが、柱のない大スパンの構造を持ち、密閉性にも優れた建築であったため、倉庫や工場に転用されたりして、その姿は現在でも目にすることができるのである。

私は数年前からこの稚蚕共同飼育所が気になっていた。だが飼育所のどこに着目して、どう観賞したらよいかがわからないまま月日が過ぎていった。とうぜん、建築観賞の手引き書があるわけでもないし、誰かに観賞法の教えを乞うことも望めない。いくら“すきま物件"が好きな私にとっても、これは暗中模索のカテゴリーだった。そういうときは、とにかく数を見てみるしかないと思い、2007年の1月~2月の週末と連休を利用して、赤城山麓の飼育所を集中的に見学することにした。同行した郷里の友人も「こんなものを数見て、ホントに何か見えるようになるのか?」と半信半疑の様子だったが、私も半信半疑だったのだ。

今回の飼育所めぐりで、赤城山の南面のすそ野に現存する飼育所は7割以上は確認したと思う。そして、結果として「飼育所のここを見ればいい」というポイントがおぼろげながら見えてきた。このサイトでは過去に3箇所の飼育所を紹介したが、いま読み返すと、チェックポイントについてはほとんど触れられていない。つまり、今回の飼育所巡りによって、私自身に明らかにモノを見る目がついたことになる。馬鹿らしいと思えるようなもので、数を見てみてみるものだ。

高浜西地区のどんど焼き(高崎市高浜町)道祖神小屋の中に入れるのがこの地域の特徴。

田尻共同水車(前橋市田口町)縦軸タービン形式の水車。タービン好きには必見の遺構。

田口の眼鏡橋(前橋市田口町)自然石の玉石で作られた石造アーチ橋。

桃の木川きわの時計台(前橋市田口町)古道の辻に立つ木造時計台。最近のものだという。

橘神社入口の時計台(前橋市田口町)神社の入口に立つ木造時計台。最近のものだという。

塩原蚕種(前橋市田口町)蚕種メーカーの母屋。木造三階の巨大な民家。

深山稚蚕共同飼育所(渋川市赤城町深山)鉄骨小屋組み、電床式。現在は工務店の倉庫

引田稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町引田)L字間取り。大部屋タイプか。現在は製材所倉庫。

受地稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町小暮)木造小屋組み、電床式。わかりにくい場所にある。

金丸稚蚕共同飼育所(前橋市金丸町)木造トラス、紙張り床砂電床式。まだ養蚕用具が残る。

寺間稚蚕共同飼育所(前橋市嶺町)中は完全に改装され、事務所になっている。

小坂子一区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)外見はほぼ当時のまま。L字型間取り。

小坂子十二稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)軽量鉄骨小屋組み。内部はほぼ当時のまま。

小坂子二区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)現在は集会所。開口部の位置は当時のまま。

小坂子三区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)現在は工場。蚕箔がごみ箱に転用されている。

新宿稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)工務店倉庫。東西の間取りで貯桑場は半地下。

五代稚蚕共同飼育所(前橋市五代町)小型で、平入りの飼育所。農家の車庫になっている。

上細井稚蚕共同飼育所(前橋市上細井町)人形店倉庫。土室育形式の痕跡を残す古い飼育所。

橘稚蚕共同飼育所(渋川市北橘町下箱田)外観は無改造。内部に養蚕設備が残っているかも。

米野上組稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町米野)貯桑場の換気のために地面から換気塔が

上箱田稚蚕共同飼育所(渋川市北橘町上箱田)換気塔の多い飼育所。今は倉庫になっているらしい。

石井三区稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町石井)住居になっている。使いやすそうな飼育所だ。

日之出稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町石井)隣家がないので、全周から観察できる。

高松稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町小暮)2連型の巨大飼育所。現在は水道工事の工務店。

高松会館(前橋市富士見町小暮)レトロな公民館。戦前の建物かもしれない。

小神明稚蚕飼育所(前橋市小神明町)窓のない建物。個人所有の飼育所。

上沖稚蚕共同飼育所(前橋市上沖町)内部は改装済みだが、更衣室に当時の用具が残る。

小坂子四区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)配蚕口と宿直室が同じ側にある特殊な構造。

西荻石橋稚蚕共同飼育所(前橋市荻窪町)工場になっていて、見極めはむずかしい。

一丁田稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)セントラルヒーティングオートフレーム方式の遺構。

本郷稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)寺の門前にある。ブロック電床育時代の特徴をよく残す。

天神稚蚕共同飼育所(前橋市鼻毛石町)宿直室がなく、飼育室だけの建物。

柏倉稚蚕共同飼育所(前橋市柏倉町)駐車スペースに難があり、転用されていないかも。

東上野稚蚕共同飼育所(前橋市東上野町)高窓がない軽量鉄骨の建物。大部屋式か。

南江木稚蚕共同飼育所(前橋市江木町)畑の中の一軒家。突き出た換気塔がかわいい。

南江木の霊柩車(前橋市江木町)装飾のない質素な霊柩車。座棺用と思われる。

上江木稚蚕共同飼育所(前橋市江木町)昭和44年竣工。地域での稚蚕共同飼育の最終形か。

六所神社(前橋市江木町)薬医門のある神社。全体的に新しい。

富田中央稚蚕共同飼育所(前橋市富田町)2連型巨大飼育所。現在は倉庫になっている。

富田町稚蚕共同飼育所(前橋市富田町)外部からダストシュート方式で地下へ桑を搬入できた。

西大室稚蚕共同飼育所(前橋市西大室町)電床育飼育所。更衣室の天井が異様に低い。

東大室稚蚕共同飼育所・建築(前橋市東大室町)土室育タイプ飼育所の外観をよくとどめている。

東大室稚蚕共同飼育所・飼育室(前橋市東大室町)内部は土室育当時のまま。非常に貴重な物件。

打越の霊柩車(前橋市粕川町深津)座棺用と思われるが装飾は現代の霊柩車に通じる。

近戸稚蚕共同飼育所(前橋市粕川町深津)個人宅にある。換気塔が大棟から下がった位置にある。

渋沢稚蚕共同飼育所(前橋市粕川町女渕)道路から貯桑場に直接桑を投入できた。

梶谷稚蚕共同飼育所(前橋市苗ヶ島町)2連タイプだが越し屋根付き。

石合の石倉(前橋市苗ヶ島町)外壁が石でできた農具小屋。かつては厩だったか。

石合稚蚕共同飼育所(前橋市苗ヶ島町)電床育方式で耐力壁以外のムロが撤去されている。

杉之下稚蚕共同飼育所(前橋市苗ヶ島町)改築中だったが、石合の飼育所と施工が似ている。

板橋稚蚕共同飼育所(桐生市新里町板橋)現在は豚小屋になっている。

富士見村稚蚕人工飼料育センター(前橋市富士見町小沢)地下の車寄せがある建物だった。

東伊勢崎駅跡(伊勢崎市豊城町)たぶんここであろうという場所を見てきた。

笠懸の庚申塔(みどり市笠懸町阿左美)畑の中にある庚申塔。

岡登緑道の水車小屋(みどり市笠懸町阿左美)ポンプアップ&内部空洞のがっかり水車。

新川のお堂(桐生市新里町新川)笠付きの庚申塔やらん塔があった。

新里の化石産地跡(桐生市新里町小林)貝化石がザクザク採れた丘。

河上稚蚕共同飼育所(前橋市河原浜町)越屋根を載せたブロック電床育飼育所。

正治首藤稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)セントラルヒーティング方式の謎が解明した。

市之関稚蚕共同飼育所(前橋市市之関町)空調大部屋方式の飼育所だったようだ。

新井稚蚕共同飼育所(前橋市滝窪町)地下室へのシュートがある。

大胡町農協稚蚕人工飼育センター(前橋市横沢町)現在も前橋市の養蚕農家を支える飼育所。

横沢の道祖神小屋(前橋市横沢町)ピラミッド型で内部に縁起物を格納する部屋がある。

前橋桂萱農協稚蚕人工飼育センター(前橋市上泉町)ロータリー式1ライン構成の施設。

小暮の腰折れ屋根の牛舎(前橋市富士見町小暮)綺麗に使われている。しばらくは大丈夫そう。

五代町集乳所(前橋市五代町)いまでも表札を出したままの集乳所。

上泉郷蔵(前橋市上泉町)明治以降も使われていた郷蔵。

   

他の旅