大洲市森林組合社屋

半切妻の巨大な木造建築。

(愛媛県大洲市菅田町菅田)

四国の背骨、四国山地を横断するルートである「197(イクナ)国道」と「439(ヨサク)国道」。きょうはこの隘路を8時間かけて徳島まで帰るつもりだ。

大洲市外から国道197号線を少し東へ走った交差点に、とても目立つ木造建築がある。

どういうわけか私が愛媛県で活動すると、この角を曲がることが多く、そのたびにハッとしてしまうのだ。

写真

それは半切妻の瓦葺き、下見板の巨大な木道建築で、まるで芝居小屋のような外観。

でもこれは大洲市森林組合の事務所なのだ。

「映画館の居抜き?」とも思いがちだが、おそらく地産の木材を使ったもので、よく見るとまだ新しい建物だ。

何度もハッとさせられるのはくやしいので写真を撮って記録しておこう。

(2007年04月29日訪問)