サイトロゴ

ホーム四国と関西の滑り台かじか荘広場の複合遊具

かじか荘広場の複合遊具

幼稚園の跡地に残った複合遊具。

(徳島県東みよし町昼間)

地図・MAP
 
   

小川谷運動公園から川(小川谷?)を200mほどさかのぼったとろにある公園。ここは幼稚園が移転して遊具が取り残されてできた公園である。

撫養街道(県道12号線)を使い慣れている人には、ジェラート屋の裏といえば場所がわかるだろう。

滑り台記念館では「幼稚園・学校等、一般人が通常入れない場所にあるもの」は収録対象外としているが、幼稚園の跡地が公園になっているのであればOKであろう。

写真

一見して「幼稚園にありそな物件だな」という第一印象。

メインとなるロケットタワーは内部がハシゴになっていて結構高度がある。

写真

ロケットタワーの内部。

写真

タワーの周囲には螺旋状の滑り台が巻き付いている。滑降部はステンレスのパイプを曲げたもの。

本サイトでは初めて紹介する滑降部のタイプである。

写真

ロケットタワーと接続したチェーンクライムには、ユニット式の滑降部が取り付けてあった。

医家神社の滑り台とよく似ているので同一ユニットかと思ったが、細部にかなりの違いがある。

写真

コンクリの山。

ヒューム管のトンネルがある楽しそうなヤマだ。

写真

登山用のカスガイはかなりぞんざいな施工。

写真

トンネルは貫通している。

写真

特殊なリングラダー。

リングになっておらず、二重螺旋になっている。

私は子どものころリングラダーがあってもほとんど遊んだことがないし、いまだにどんな楽しい遊び方が出来るのか想像できない。

写真

ちなみに、移転した幼稚園はどこにあるのかというと、この公園のすぐ横。

そして幼稚園には新たな複合遊具が設置されている。つまりほぼ同じような規格の複合遊具が、隣り合った敷地に2つ建てられているのだ。

現在、かじか荘広場の複合遊具は撤去されしまっているし、移転した幼稚園の庭にある同形の遊具も撤去された。いずれも、さらにつまらないユニット型の遊具に置き換わっている。

(2003年09月21日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット