●宮津カトリック教会

明治中期に創建され、大正時代に修復された宮津カトリック教会天主堂。

国内に現存する和洋折衷様式の天主堂としてはもっとも古いもののひとつ。

ドーム式天井を持ちながら、床は畳敷きという見事なまでの折衷様式。

なお室内は撮影禁止だったため念写。

その後部。

軒の部分の装飾やステンドグラスが美しい。

←戻る                                       進む→