ダイヤモンドブティック

精緻なチン族風のロンジーが充実していた。

(ミャンマーカレン州パアン)

写真

カレン州は一部で内戦が続いたためか、外国人向けの土産物というものが存在しない。そこで土産物として、地元の民族衣装を探してみた。

市内には民族衣装を取り扱っているブティックが何軒かあり、これから紹介するのはそのひとつ。市街地中心にあるロータリーの近くにあるブティックだ。名前は「ဒိုင်းမွန်း(ディンマン)」、ダイアモンドという意味。

写真

メルヘンチックな外観で、たぶん、地元ではオシャレな店になるのだろう。

写真

この店で扱っていたのは、カレン族のドレスや上着、ロンジーなど。

写真

上段にあるのは民族衣装の貫頭衣。つまり、一枚の布にただ穴をあけてかぶるだけの衣服である。下の段のドレスも基本的には貫頭衣であり、裁断や縫製でカラダの形に合うように立体的に作られた衣服はこの地方にはないようだ。

また、縄のれんみたいな房がたくさん下がっているのが、カレン族の衣装の最も見分けやすい特徴のひとつ。

写真

菱形や折れ線を組み合わせた、非常に複雑で精緻な織物もあった。

これらはカレン族の技法ではなく、チン族の技法なのだという。カレンはミャンマーの東端のタイ国境付近の民族であり、チン族はその反対側、つまりバングラデシュ国境側の民族である。

写真

右側はおそらくチン族風のロンジー。

真ん中の3本、菱形と折れ線の横模様はカレン風のモチーフだ。

材質はすべて木綿で、鮮やかな染めはすべて化学染料によるものだと思う。

写真

店の人によると、すべて機械織機で作られたもので、この店には手織りの商品は置いてないということだった。

右半分の4本は、連続する菱形と横絣(よこがすり)は、カレン風のモチーフだが、こうした細かい織りの布はたぶん現在のカレン州では作られていないと思う。

写真

価格は1,000~2,000円で、日本人の感覚からすればかなりリーズナブル。

写真

スキンヘッドの女店員さんがいた。最近出家でもしたのだろうか?

あとで、現地の通訳さんにそのことを質問したら「暑いからそういう髪形の女の子もイルヨ」なんて言っていたが、ほんとか? 出家直後だからだよね?

手前の布に、刺し子みたいな刺繍がついているのがあるが、これもカレン族の織物の特徴のひとつ。

写真

木綿のストール。これらはカレン州内で織られたと思われるもの。

鮮やかで精緻なチン族の模様を見たあとだとちょっと物足りない気がしないでもない。

チン風の織物はたぶんジャカード織機で作られているのだと思うが、このストールくらいであればもっとシンプルな機でも作れそうなので、もしかすると手織りで作っている商品もあるのではないか。

写真

川釣りのビクか、と思ったら、小物を入れるポシェットだそうだ。

写真

籐か竹の皮みたいなもので編んである。

これ、土産物ではなく実用品で、実際に二十代くらいの女の子が日常で使っているのを見た。

(2014年01月22日訪問)